2016年12月 6日 (火)

タイ語キーボードアプリ パクチー (その1)

 今年は、食べ物のパクチーが結構ヒットしたらしく生産も増えているそうですね。私も昨年タイ飯に付いていたパクチーを初めて食べ、面白い味!と感じ、タイ語キーボードアプリを作るにあたり「パクチー」という名を付け昨年の今頃作り始めました。

 今、パクチーは、幾つかの改良を加えVer2.0として、App Storeで公開しています。ここでは、開発秘話というと大げさですが開発経緯を書きたいと思います。

1.標準のiPhoneのタイ語キーボードの課題

 皆さんのなかで、iPhoneをお使いの方はどの機種をお持ちでしょうか?私はiPhone 5Sという小ぶりな機種を使っています。小さいので携帯性も良く持ち運ぶには便利ですが、文字を入力するのはキーボードが小さく、さすがに日本語でも英語でもタイ語でも苦労します。

 現在のiPhone 5Sの標準のタイ語キーボードを画像で紹介します。

Iphone_thai_standard_4




 タイ語には大文字と小文字はないのですが、子音文字と母音記号、声調符号、その他の記号、タイ数字がたくさんありますね。パソコンでタイ語を入力している方は気にならないかもしれませんが、打ちたい文字を探すのは苦労します。

私が使った感じの印象を箇条書きにしてみます。

  1. 文字や記号が多く、ランダムに配置されているので文字を選びにくい。
  2. A面とB面にどの文字が配置されているかを覚えなくてはならず面倒。
  3. ボタンが小さいので、押し間違えしやすい。

2.タイ語学習者の苦労

 最初にタイ語の教本を手にとって驚くのはやはり文字ではないでしょうか?現在使われているタイ文字の子音はコーカイ表にまとめられ、42文字定義されています。動物のような形をしていたり魅力的ではありますが、文字とその音を覚えるには時間がかかります。

自分がタイ語を学び始めた時のことを振り返り、こんな点が文字を覚えるのに苦労したということを挙げます。

  1. 文字や記号を何て呼んでいいか分からない。
  2. 似た文字が多く、識別が難しいものがある。
  3. 辞書をひく場合、基本はコーカイ表の順を覚えなくては効率的に引けない。

1)文字を何て呼んでいいかわからない。

 英語や日本語は文字をそのまま発音すればその文字の呼び名になりますね。タイ語では子音文字は音と1対1ではないので、例えば、頭子音mをマーといえば一意にมという文字ですが、khをカーとかコーと言っても一意に文字が定まりません。kh(有気)の音を表すのにข(卵のカイ)だったり、ค(水牛のクワーイ)だったりします。ですので、文字を呼び方はやはりコーカイ表をの呼び方を覚えなくてはなりません。

 母音記号でもアイといっても、ไとใがあります。先のまる方とか、否定のマイに使われる方とか言いますか?前者はマイマラーイ、後者はマイムーアンという名称があります。

 記号はどうでしょう。マイペンライなどで使われるペンเป็นの真ん中の文字の上の記号は何と呼びますか?マイタイクーですね。

 独学でタイ語を学んでいると、文字や記号をなんて呼ぶか、がおろそかになってしまいます。これをしっかり記憶できれば良さそうです。

2)似た文字が多く、識別が難しい物がある。

 10年以上前、最初に私がWindows用のタイ語入力ソフトKakiThaiを作った時、旅の指さし会話帳をお書きになった加川博之さんからバグの指摘がありました。それはソフトキーボードでค(コー・クワーイ)とด(どー・デック)を間違ったことでした。私も、まだタイ語を初めて1年くらいだったので、見落としました。

 この2文字以外にも似た文字はありますね。

  1. ถภ (袋のトー・トゥング、ジャンク船のポー・サムパオ)
  2. ฎฏ (冠のドー・チャダー、槍のトー・パタック)
  3. ฃชซ (卵のコー・カイ、象のチョー・チャーング、鎖のソー・ソー)

この他にも、いくつもあります。注意深く文字を見ないと識別が難しい。特にキーボードは字面だけで文字を選ぶので間違える可能性もあります。

3)辞書をひく場合、基本はコーカイ表の順を覚えなくては効率的に引けない。

 入門段階を過ぎると、タイ語の辞典が欲しくなります。私も岡滋訓さんのタイ日辞典や松山納さんのタイ語辞典を買いましたよ。タイ語は基本単語の組み合わせで新しい概念などを表したりするので、基本単語を頻繁に引くのですが、タイ語は英語のABC順ではなくタイ語のコーカイ表が基本の順で単語が掲載されています。ですので、コーカイ表のだいたいの順を覚えないと、辞書を引くのに時間がかかってしまいます。また母音記号の順番も重要で、各子音文字毎に母音記号の順で単語が掲載されているので、15個の母音記号の順番も覚えておくほうがいい。

 学習者は、子音文字と母音記号の順番も大事だが標準キーボードとは無関係

3.パクチーで目標としたこと

 新しいiPhone用のキーボードアプリを作るにあたり、使う人はタイ語を勉強中に人を対象者としました。ですので、タイ語はそんなに使いこなせていない。まだ文字や記号がうろ覚え、そんな方を対象にしました。

 そこで、具体的にはどんなアプリにするか項目別にクリアにしました。

  1. 文字や記号に正式な呼び方を表示する。日本人でも外国人でも分かるように発音記号で表記する。
  2. 文字の呼び方が分からなくても、番号で呼べるように通し番号を付す。
  3. コーカイ表での文字の意味(例えば、วは呼び方はウォー・ウェーンで、意味は指輪)は入力後でも表示されるようにする。
  4. 文字の配列は辞書順の配列とする。
  5. ボタンは標準キーボードより大きくする。

ただ、iPhoneは画面が狭いですので、タイ語の子音文字と母音記号は分けないと1画面には収まりません。一方で、母音記号は子音文字と密接に関係するので、子音文字と母音記号を分けると画面切り替えの操作が増えそうです。

そこで、予測の仕組みをいれたいと思いました。iPhoneの標準タイ語キーボードも予測の仕組みが入っていますが、次の文字が何かをピンポイントで予測するのはかなりこんなんです。途中までは同じでも、長母音のまま終了する単語もあれば、末子音が付くものもある。

タイ語の単語やイディオムを多く見て検討した結果、次の文字が子音文字かそれ以外かの予測であれば、かなり正確に予測できると判断しました。それで、日常使うタイ語の単語約4,500語をチェックし、直前に入力された文字や記号から次の文字が子音文字かそれ以外かを予測するルールを作りました。

ちょっと複雑になりましたが、その結果、下にあるような画面のタイ語キーボードアプリを作りました。

Iphone_thai_phakchi_2

4.パクチーの特徴

1)子音画面には、子音文字は43文字を上下2段に辞書順に配置、ボタンを大きくするためスクロール画面にしました。

2)母音画面には、15個の母音記号、4個の声調符号、4つのその他の記号を辞書順に配置しました。

3)全てのタイ文字に、呼び方を発音記号で付けているので、似た文字の識別が容易です。

4)数字ボタン(123というキャプションのある)中に、タイ数字は入っています。

5)過去数個の入力文字から次の文字が子音文字かそれ以外かを予測し画面を自動で切り替えるので、画面切り替えの手間を省きます。

5.タイ文字の呼び方について

 タイ語入門者の方、パクチーキーボードでタイ文字の呼び方が表示されているということですが、具体的には?と思われる方のために一例を紹介したいと思います。


 タイ文字のตはよく使う文字ですが、この文字、どのように呼ぶのでしょうか?

 パクチーの子音画面で、19番目の文字になります。上半分を→ボタンを用いて右にスクロールさせると、見つかります。そこには、発音記号で[ tɔɔ tào ]と書かれています。カタカナで表記すると「トー・タオ」です。

 はて、「トー・タオ」はコーカイ表で、どんな意味だったでしょう? 

Img_0791_3

 そのような場合、お持ちのiPhoneを横にして下さい。スペースバーの右に日本語で意味が表示されます。

 Img_0792_2


 「亀」ですね。

 ですので、タイ文字のコーカイ表での意味を知りたい場合は、iPhoneを横にして下さい。子音文字ばかりではなく、記号でも、ๆとฯのどちらが反復記号でどちらが省略記号(等)だったか迷った場合は、iPhoneを横にすると、正解がわかります。

 ちなみにiPadの場合、縦でも横にしても文字の意味は表示されます。

6.まとめ

 パクチーは、iOS全般で動くように画面設計してるので、iPhoneだけでなくiPadやiPad Proでも動作します。タイ文字を入力しながら、タイ語の学習につながるアプリになっていると思います。

 最後に、iTunesにあるパクチーのページヘのリンクを入れておきます。良かったら購入して使ってみて下さい。お値段は、360円です。

 今後、タイ語を学習された方はツイッターやFacebookでタイ人と文字でコミュニケーションデビューするときが来ると思います。その時、パクチーを使って頂けると開発者として、とても嬉しいです。

| | コメント (2)

2016年4月13日 (水)

タイのダンサーのエーム(エイミー)さん、歌手デビュー!

久しぶりのブログになります。昨年より今年の3月まで、iPhoneやiPad用のタイ語キーボードアプリ「パクチー」の開発をしておりました。3月末にAppleの審査が通り、いよいよ公開になりました。このアプリについては別の機会にブログで紹介したいと思います。

今日は、あるタイのダンサーの方の紹介をしたいと思いブログを書いております。2014年の1月にタイの歌謡曲(ルークトゥン)の歌手インリーを紹介させて頂きました。そのとき3本のミュージックビデオのリンクをいれましたが、記憶にありますでしょうか?インリーはタイではもうメジャーな歌手で、大人気ですね。私は、インリーのミュージックビデオを見て、とっても光っているダンサーの女の子がとても気になりました。顔は笑顔が素敵でダンスものびのびしていて、とってもいい気分になったのですね。

それで、正式な名前とか日頃の活動など知りたいと思いネットで調べてみたのですが、タイにもあまり詳しいサイトがなかったですね。それで諦めかけていた時、自分のアカウントの持っているFacebookで偶然そのダンサーの子がアカウントを持っていることを知り、早速フォローさせて頂きました。

名前は「エーム」(タイ語表記はエーム・エーオサオーン)さん、ビデオではご自身を「エイミー」と言っているようですが。Facebookでのアカウントは「Dc.ampmiee」ですね。つい先月、小樽にご家族と来ていましたね。私も嬉しくてメッセージを入れましたよ。

今日はそのエームさんが歌手デビューしてミュージックビデオを公開されたので、紹介させて頂きますね。(もしかしたらデビューは以前にしているかもしれません)歌のタイトルは「サイゴン」です。エームさん、ファッションが奇抜で化粧も普段よりキツメですが、踊りのうまさと可愛らしさは出ていると思います。かんざし代わりに扇子を頭につけていますが、その扇子の文字が「合格」と見えます。ポップな歌ですが、歌手としても合格ではないでしょうか?(笑)

 

下は、インリーのダンサーの時のミュージックビデオです。 歌は「コー・ジャイ・トゥー・レーク・ブートォー」です。インリーの右後ろにエームさんはいます。

4/20にエームさんのFacebookで公開されたサイゴンのメイキングビデオです。

7/21に新しく楽しいビデオが公開になりました。

| | コメント (0)

2015年9月29日 (火)

狸小路にあるすごい店 その2  「光栄堂」 ギターSHOP

 皆さんは趣味は何ですか?私は中学生くらいにガットギターを買ってもらってから、現在にいたるまでギターが好きです。でも、ずっと片思いでした。というのも、ギター教室に習いに行ったり、知り合いのお兄さんに教えてもらうといったこともなかったので、ずっと独学でした。それで、53歳になるまで、好きなのに下手という状態でした。(残念!)

 独学だと、はっきりいってギターに取り組む姿勢がいい加減でした。学生時代お金がなかったというのもありますが、現在は安い電子チューナーがありますが、35年以上前はスチールの音叉か各弦ごとのパイプで音合せをするので、今から思うといい加減でした。

 教本は、「カルカッシ・ギター教則本」をまずやって、その後はアントニオ古賀さんがやっていたNHKの「ギターをひこう」を見て、教則本の中で「ある愛の詩」などかっこよさそうなのを、必死で練習しました。

 でも、本当はビートルズやサイモンとガーファンクルなど当時の流行りものが弾きたかった。でも、まったく腕が上がらないし、アコースティックギターを弾くノウハウを教えてくれる人が周りにいませんでした。

 それゆえ、53歳の春まで、ギターを購入してもナイロン弦の張ったクラシックギターで、主に現代ギターの発行している楽譜本などで、ソロギターを楽しむのが常でした。

 ところが不思議なもので、今年の夏、ちょっとした自分の内部の気付きがあったのですが、それ以来、ギターもストロークでコードをかき鳴らすことが楽しくなったのです。例えば、サザンオールスターズでは、昔から「栞のテーマ」や「真夏の果実」などゆっくりした曲が好きで、カラオケで歌ったりしていましたが、今年の夏から「いなせなロコモーション」「Bye bye My Love」「マンピーのG spot」「恋のジャックナイフ」「太陽は罪な奴」など、テンポの速い曲をギターで弾きながら歌を歌うのが喜びになりました。

 実は、大学の時のフォークソングを歌ってみたくて、北大生協でYAMAHAのFG-300Dというスチール弦のギターを買って持っていました、が、あまり使わず、実家の物置にしまい、帰省の時にちょっと使う程度でした。それを引っ張りだし、久しぶりにジャラーンとならすと、驚いたことにとても鳴るギターに変身していました。トップはエゾ杉というスプルースの一種の単板だったので、約30年の期間の乾燥で、良く鳴るようになったのだと思います。

 ソロギターは今でも好きですが、ストロークでテンポの速い曲も好きになると、良いスチール弦のギターが欲しくなるんです。実は数年前から楽天市場に「光栄堂」という札幌の狸小路にお店を持つギター屋さんが店を出店していて、魅力的なギターを販売しているのを知っていました。そこには、アコギではマーチンの高価なギターがあり、店長さんが自分で試奏してかなり良い程度のものしか仕入れていないことも知っていました。

 この夏、楽天の光栄堂のお店を巡回していると、サイドバーメニューでは辿りつけませんでしたが、輸入ギターメニューの中に「ギブソン」があることを知りました。私自身、これからはギターは歌の伴奏用か、将来的にブルースギターをやってみたいという要望があり、ネットなどで調べるとマーチンよりギブソンがその要望に適しているように思っていました。そこで、まずはお店に行ってみようと思い、狸小路5丁目のかなり西寄りにある「光栄堂」に向かいました。

 お店に入ると、壁にはアコギではマーチンやらギブソンやら有名なメーカーの100,000円以上のギターが掛かっています。別の壁にはエレキギターが掛けてあります。私自身、ギター屋さんに行った時、試奏する曲など持ってませんでしたので、とにかく眺めておりますと、奥から背の高めのメガネを掛けた60歳前後の店長さんが寄ってきてくれました。

 その時、私は壁に掛かっていた唯一のギブソンのギター、黒い「ハミングバード」があったので、これは歌の伴奏にどうか聞いてみました。すると、さっそくギターを壁からとり、調弦してくれました。そして、店長自身がコードを押えて弦を鳴らしながら、ローポジションからハイポジションまで、良くなるギターであることを説明してくれました。ギブソンにはJ-45やサザンジャンボなどもあるけど、歌の伴奏には「DOVE」や「ハミングバード」が合うとのこと。そして、私に手渡してくれました。曲は楽譜を見ないと弾けないので、まずはよく使いそうなコードをストロークしてみたり、指でアルペジオを少々弾いてみたりしました。

 最初に訪れたので、その日は購入予定はありませんでした。確かに、良い音とは思いましたが、「これだー」という恋愛に似た感覚は「ハミングバード」には感じませんでした。ギターを店長に渡し、店長の販売するギターに対するスタンス、考え方などお聞きました。

 ギブソンのアコギは、名古屋に倉庫があること。そこで試奏しながら良い物だけを仕入れること(これを選抜と呼んでおられます)。基準に合うギターの割合は10%程度であること。例えば「ハミングバード」を仕入れようと思っていても、お店の基準に会うものがない場合は、一切仕入れないこと。店長は熱く語ってくれました。

 私みたいに、5,6本しか過去にギターを弾いたことのない人間にとって、良いギター、高価なギターを買うことは大きな賭けです。札幌には何店舗かギブソンやマーチンのギターを置いている店があります。実際、触らせてポロポロンと引かせてもらいましたが、何をチェック項目にしたらいいかよく分かりません。お店でも、あまり良くないものは戻しているという店もありました。ただ、名古屋まで行って実際弾き比べて仕入れているというお店は、1軒もありませんでした。

 私のようなギターは大好きだけど、本当に良いギターを、一生ものとして購入したい人にとって「光栄堂」の店長さんのようなかたは、本当にありがたい存在です。

 私は、最初に「光栄堂」を訪れた帰り際、店長さんは、次回は9月の頭にギブソンの商品を仕入れに行くことを教えてくれました。その後、9月の中頃、楽天の「光栄堂」の店長さんのメールマガジンでギブソンのギターが数本入ったことを知りました。そこでYoutubeで見ていて興味をもった「Gibson J-35」という機種も入ったことも知りました。

 ギブソンのアコギといえば「J-45」が有名ですが、今年の2月にサッポロファクトリーのホールで共同展示会があったとき多くの「J-45」を見かけましたが、あのスモーキーなサンバーストカラーがあまり好きになれませんでした。私は、普通の木の色のギターが好きでした。「J-35」の材質は「J-45」と同じ、トップがスプルースと側板と裏がマホガニー。音は同系統の音が出そうです。

 それで、街に行ったついでに「光栄堂」に寄りました。お店は昼食後の時間でしたが、お客はいませんでした。店長さんがおりましたので、早速、「J-35」のことを聞いてみました。実は、楽天の光栄堂の「Gibson J-35」のタイトルで「群を抜くレスポンスと、煌めくサウンド!」というアピール文があり、それが実際どんなものか知りたく尋ねたのです。

 すると、また店長早速、ギターを手に取り、音合せをしてくれました。そして、セーハーコードをジャラーーンとならすと、とてもカラッとしていて、すぐに伝わる感じ。側板にローズウッドを使う高級なギターは、買ったばかりでは、音が少しこもったような感じがしますが、「J-35」は「すぐに鳴る」という感じです。歌の伴奏に合いそうな感じですし、低音も他のギターより、大きく、しびれるような音が出るので将来、ブルースをやっても面白そうです。

 店長は、同時に仕入れたギブソンの「Advanced Jumbo」(トップがアディロンダック・スプルースで12フレットの変わったタイプ)も音合せをしてくれ、手渡してくれました。あまり詳しくは分かりませんが、カッラと明るくはなく、むしろ使い込む毎に艶やかさ、味が出る感じ。クラッシクギターで言えば、杉より松のトップという感じでした。色はJ-45のサンバーストと同じですが、高級感はありました。

 でも、私は音は「Giboson J-35」の音が好きになりました。これは丁度、恋愛をしたときの一目惚れに近い状態でした。

 でも、価格が20万円ちょいしたので、その日は決められないな、と思い一旦、お店を出ました。ずっと狸小路を5丁目から2丁目まで歩き、家に帰るためバスに乗ろうと停留所の前の交差点を渡ろうとしたとき、信号が赤になりました。そして左手を見ると、将に乗ろうとしていたバスが、私の前を通り過ぎ、左折にしてバス停で止まりました。でも信号はまだ赤です。道路の車も途絶えません。

 信号が青になって、バス停に向かおうとした時、バスは行ってしまいました。とても残念に思いました。その後、普通は10分もすれば次のバスが来るのに、15分たっても来ません。私の頭のなかには、さっき光栄堂で見た「Gibson J-35」が、他の人に買われてなくなってしまうのでは、という不安。そして「人生それでいいのか?」という自己に対する問いが、頭をよぎっていました。人生の大事な決断を、度胸のなさでしないで、みすみすチャンスを逃すこと。それは、大変な後悔になりそうでした。

 私は、バスに乗るのを止め、狸小路4丁目にある北海道銀行のATMに向かいました。そこで、貯金から20万円を引き下ろし、「光栄堂」のドアを開けたのは言うまでもありません。光栄堂の「ドア」を店の中から開けで出るときには、私の手には「Gibson J-35」の入ったハードケースを手にしていたのでした。

 今、私は、毎日午前中30分、夕食後1時間くらい、このギターを弾いて楽しんでいます。「鳴るギター」「煌めくサウンド」の意味が、よく分かります。ときどき、心の琴線に引っかかるような音が出るのです。高価な買い物ですが、自動車より電気製品より一眼レフデジカメより、何より私のこころを満たしてくれました。

My_gibson_j35_2


 このように、ギターにあまり詳しくない私でも良いギターを手にできたのは、ひとえに「光栄堂」の店長のギターに対するこだわり、そしてギターを購入した時、私にいろいろ説明してくれた若い店員さんのギターへの愛情なのかな、と思います。

 札幌近郊、いや北海道内におられるギター好きの中高年の方、是非、高級なギターを購入するなら狸小路5丁目の「光栄堂」に行ってみてはどうですか。後悔することはまずないと思います。ただ、月曜日と火曜日は定休日なので注意して下さい。それと、営業日でも午後12時以降でないとお店は開いていないので、注意して下さい。私は閉店中に2度行って、とぼとぼ帰ったことがあります。

 道外で「光栄堂」でギターの購入を検討されている方、高価なギターが初めての方は、できればお住まいの都道府県の県庁所在地にある楽器屋さんで、購入しようとしているギターがあれば一度手にしてから、そのタイプのより質の良い物を求める場合は、通販もOKだと思います。もちろん、「J-45 TrueVintage」なら知っているよ、というような購入しようとするギターに詳しい方は、私が言うまでもありませんね。楽天の「光栄堂」のレビューを見れば、購入された方の評価がのっていますので、参考になさって下さい。

 札幌の狸小路という昔からある商店街に、こんなこだわりのギターSHOPがあるなんて、本当に狸小路も捨てたものではありませんね。ではでは。

| | コメント (2)

2015年9月25日 (金)

狸小路にあるすごい店 その1 「富士メガネ」

 随分とブログの更新をしないですいません。ずっと、タイ語の新しい入力方式を開発していました。ようやく本日、方式が固まったので、ブログも書きたいと思います。

 今日は、札幌の狸小路4丁目にある「富士メガネ」を紹介したいと思います。私は20歳位からメガネをかけ始めて、現在53歳なので33年はメガネ生活をしています。あまり近視はひどくありませんでしたが、45歳位からか老眼が出てきて、PCを使いながら、手元の本や辞書を読むのがつらくなりました。はじめはメガネを外したりつけたりして作業していましたが、つらくなり、最初は「弐萬圓堂」で中近メガネを買いました。

 中近メガネとは、レンズの下のほうが手元30cmくらいに焦点があり、レンズの上のほうが1m50cmくらいに焦点があるレンズで、その中間がグラデーションになっているものです。この1本があるとパソコンをしながら手元の字も書け、便利でした。ただ一つ、弱点がありました。それは、目が疲れるのです。プログラムを作るときは、3時間4時間は続けてモニターを見るのですが、50代を過ぎてから1時間位で疲れるようになりました。

 それで、中近メガネを買う際に、弐萬圓堂の人から「近々」メガネもあることを教えてもらっていたので、今度は近々メガネを買おうと思っていました。近々メガネは「中近」に比べ、1m以上の遠くはぼやけて見えない代わりに、手元がワイドに見えるメガネです。これだと、本を見ながらノートに書くと言った作業も、楽になると思いました。

 ただ、どのメガネ屋で購入するか店探しが必要でした。弐萬圓堂もなくなり、ネットのレンズ屋もありますが、遠近や中近など多焦点レンズは怖くて買えない。売ってもいないかもしれませんが。それで、札幌ではNo1の評判の「富士メガネ」に行ってみようと思いました。

 「富士メガネ」札幌に数店舗あります。地下街のオーロラ店に入ったことがありますが、とても感じのよい対応のするお店でした。ただ、噂では値引きをしないし、価格も5万円以上するという、敬遠したくなるようなお店でもありました。

 今、巷では格安のメガネのお店も多く、そういったお店でも老眼対応の商品もあります。ただ、眼は仕事の要です。もし、あわないと眼が疲れるし、仕事もはかどりません。さすがに格安の店で老眼対応のメガネは買う気にはなれませんでした。

 そこで、なんとか値段を抑えられないか、ネットで「富士メガネ」のサイトを見ると、セット商品があって、4種類の価格設定されています。最大3万円少々、これなら大丈夫と思い、国産のフレームなら問題無いだろうと、フレームは決めてお店に向かいました。

 行ったのは、狸小路4丁目にある「富士メガネ」本店です。4階か5階建てのビルのすべてがメガネ店です。入ってすぐに、店員さんがベテランの方が多いのに気が付きます。皆スーツを着ています。女性は、若い方もいますが、とても礼儀正しいと言うか、デパートの高級婦人服売り場にいるような感じの方です。

 最初に、50代なかばの女性が話しかけてくれました。「本を見ながらのPC作業に今まで中近メガネを使っていたが、疲れるので、「近々」メガネを買いたい」旨を伝えました。フレームは、ネットで見た例の国産のセルのフレームがあったので、それを指定しました。

すると、処方箋はありますか?、とのこと、以前に眼科でもらった近視用の処方箋はあったのですが、近々用はなかったので、それを伝えると上の階にエレベータで連れて行かれました。そこで、視力測定とレンズ選択のスーツを着た私より年配の技師さんとご対面でした。私が現在使っているメガネや、これからどんな用途でメガネを作りたいか伝えました。そうそう、もう一つ私はギターを弾くのが趣味なのですが、最近楽譜が見にくくて困っていることも伝えました。

特に私の場合、パソコン作業は70cmから1mくらいモニターを離して作業する点を特に伝えました。そして、私がネットなどで調べた結果「近々」メガネがいいのではないかと思うと、伝えました。すると、担当の技師の方がちょっと困った表情を見せました。聞くと、近々メガネは80cm-1mなどはちょっと遠いとのこと。そして、視力測定の後、サンプルレンズで近々メガネの見え方を見せてもらいました。確かに近い部分は広く見えるようになりますが、椅子に腰掛け、若干低い位置に置いた書類(楽譜見立て)が見にくい。レンズの上部を使ってみるので、顎を引かないと見えません。するとギターを弾くとき、CMの大村崑のような目つきになってしまって、担当の技師さんも、あまり勧めない感じでした。

ところが、そこで技師さん、一つ提案させてもらいますがいいですか、との前置きのあと、あるレンズの組み合わせを試してくれました。するとどうでしょう、顎を引かなくても普通に前を見て、やや下方の書類が見えます。それに、1mくらいはなれたPCのモニターもくっきり見えます。何よりうれしいのが、「中近」メガネに比べ、圧倒的に目が疲れません。

担当の技師さんに、これはどう組み合わせたのですか、と聞くと、「遠近」にしたのだそうです。「遠近」の遠い方を普通はかなり遠くに合わせますが、それを1mにして近い方は30cmくらいにしたとのこと。普通の遠近だとレンズの上と下では8段階の段差ですが、この提案された遠近は4段階。なので、レンズの歪みも感じないし、慣れやすいとのこと。

これは便利そうだと思い、技師さんに、今これを考えついたのですかと聞いた所、私も老眼で目が悪いのでレンズでいろいろ工夫しているんですよ、とのこと。

それで、今回はこれに賭けてみようと思い、このレンズでメガネを作ってもらうことにしました。今そのメガネでこのブログを書いていますが、2,3時間作業をしても疲れません。もう、「中近」には戻れません。(ただ弱点もあります。例えば1m50cm以上離れた壁のカレンダーの小文字等は、中近よりボケて見えにくくなります。しかし、1m前後から手元までは圧倒的にこちらの勝ちです。実際使用して、目が疲れないのです。丁度、1m以内は目が悪くなかった頃に眼が戻った感じです。)

狸小路の富士メガネですが、お店に置いてあるブランドフレームでメガネを作ると5万円から6万円はかかります。セットだと3万円代。しかし、お店に行って、50代後半から60代のベテランの方が、日々努力して、ユーザーに合った一本のメガネを作ってくれる姿を見ると、この価格も納得かな、と思います。

ちなみに、私はセルメガネで標準では鼻パットのないフレームでしたが、無料で鼻パットを付けてくれます。セルメガネの親しみやすさはあるけど、メガネをかけるとずり落ちてくる方で、好みのフレームの鼻パットがない場合でも、お店の方に相談すると何とかしてくれます。大切なのはメガネの用途と好みをしっかり明確にして、それをお店の方に伝えることですね。そうすれば、最適なメガネを提案してくれますよ。また、アフターサービスも充実して、2週間位したら、調節に来てくださいという葉書も来ました。私も無料で鼻パッドの開き具合を少々広めてもらい、今はベストフィットで快適。

こんな、すごい店が札幌の狸小路にあるなんて、札幌の商店街も捨てたものではないですよ。ちなみに、レンズ選びの相談が必要なメガネを作る場合は、断然「本店」に行って下さい。計測器なども一番充実していますので。

※10/4追記: 本日、遠近両用メガネも作りに行きました。レンズ交換で、今あるフレームの縦の高さが31mmで心配でしたが、中近より高さは求めないとのこと。理論はムー、分かりません。これでTVを見ながら出された料理もしっかり見ることができれば満足です。それと富士メガネ本店の階数は3,4階ではなく6階でした。狸小路内にあるので感じませんでしたが意外と大きなビルなんですね。

| | コメント (0)

2015年7月28日 (火)

バラ育成の参考書とタイ語参考書

たまに貼っておかないと忘れるので、貼っておきます。

私が数年前までバラ育成の参考にした本です。

http://astore.amazon.co.jp/jeanlucscaf0d-22

それと、タイ語関連の参考書です。

http://astore.amazon.co.jp/jeanlucscafe-22

もう3年くらい前なので、最近は他にもいい本がありますが、基本の本として参照する本ばかりです。

御参考までに。

| | コメント (0)

2015年7月 4日 (土)

家の繁栄を願う「つるバラ シーザー」(Rambling Rose Caesar)

 つるばらを初めて買ったのはピエール・ド・ロンサールでした。あのアンティック風の花が庭一面に広がる風景を想像して、雪印種苗のバラ苗売り場で買いました。最初は、大きめの鉢に植え、成長したら地植えにするつもりでした。

 でも、ピエール・ド・ロンサールはあまり大きくなりませんでした。北海道の冬の寒さを8シーズン以上は超えたのに、株元からシュートが出ることもなく、ただ淡々と春に花を咲かせ、あまり伸びず、遅い秋に終了するそんなバラでした。花の香はあまりありませんが、葉を触った時に、独特の香りがあり、そこがお気に入りでした。

 犬の散歩で、いろいろなお宅の庭の薔薇を見ることがあります。アンジェラや、名前はわかりませんが真っ赤なつるバラなどもよく見かけます。よく伸びるつるバラを見てみたい、そう思い5年位前に、やはり雪印種苗で「つるバラ シーザー」を見かけました。名前はあまり聞いたことはありませんでした。確か、ネットで調べた時、ある方がとても愛おしいという感じのコメントをご自分の花に述べていたのを覚えています。バラは20鉢くらいは買いました。確かに、初めて買ったスタンダード仕立てのアブラハムダービーには「愛おしい」感じは感じたことがありますが、それほど「愛おしい」と思ったことはありませんでした。

 ところが、このつるバラシーザーの成長と、つける花の色合いを年々見るに連れて、とても愛おしく感じるのです。そろそろ写真をあげたほうがいいですね。今が、おそらくおのつるバラの花の最盛期だと思われますので、今日写真を撮りました。

Rose_caesar


花は、全体が白なのですが、中央部はおしろいをまぶした少女の顔のような色合いです。香りはあまりありません。枝が伸び、その枝先に4つも5つも蕾が咲き、最初に真ん中の花、その後一斉に周囲の花が咲きます。

我が家の前には八重桜の木が一本あります。その下の太めの枝に園芸用の支柱渡してロープで固定しています。支柱は2m40cmくらいの長いものを縦に2本つなげたものを4セット作り、先を地面に30、40cmくらい差し込み、上はロープで固定します。これを枝が伸びる前、すなわち冬囲いを解いた時に作っておきます。このつるバラはいろいろな方向にシュートが出るので、桜の木に向かわない方向に出たシュートは、別の支柱を挿してロープで固定します。

冬の間は、できるだけ倒しこみ、地面に水平になるようにします。枝を縦にしておくと、雪が降り積もると枝が雪や氷の重みで横になり、やがて折れたりするからです。ただ、枝を束ねにくい方向に枝が伸びる場合もあります。そのような場合、直径2.5cm以上あれば、太めの支柱を横に添えて枝を縦のまま越冬も可能です。直径2.5cm未満の場合、かなりがっちり補強する必要があると思います。

 話を元に戻しますが、水平にした枝は、コンクリートブロックを3段から4段、左右に積み壁を作り、上に板状のものを渡して屋根にします。雪が降っても直接枝に雪の荷重がかからないようにします。苗の枝がまだあまり伸びていないうちは、全部を地面に倒しこむことも可能でしょう。我が家のように、長さ3m以上になると全部を地面に倒しこむことは枝の太さから言って不可能です。太いバネのようになり、容易に倒し込めません。我が家では引っ越しなどに使うプチプチで、枝を束ね大蛇のようにします。そうすると枝自身を雪や氷から守れ、春になるとプチプチの空気が温室のような効果を持ち、早めに葉がつきます。

※バラの冬囲い、を検索ワードでこのブログに来られる方も何人かおられるようですので、少々詳しく書きました。

つるバラは、その年に出たシュートを大事にすると、翌年そのシュートに花がいっぱいつき、年々、立派なつるバラに育ちます。ナット・キング・コールがランブリング・ローズを歌で歌っています。歌詞は覚えていませんが、つるバラを、その家の繁栄、人生の広がりに例えたくなる気持ちはよくわかります。枝いっぱいについた蕾が一斉に花咲く様子は、本当に幸せを感じます。成長の時期があれば、やがて、花を咲かせる時期が来る、そう思うだけで、何だか希望が持てますよね。

さあ、明日も幸せな日々が続きますように!

| | コメント (0)

2015年6月23日 (火)

韓流好きなら、スターの韓漢字も覚えよう!

 朝鮮半島は、戦前はハングルの他に漢字も多く使われていました。新聞の見出しや、お店の看板など、当時を扱ったドラマや映画を見ると分かります。戦後、韓国も北朝鮮も、政治的に漢字を使わない方針をとりました。その結果、北朝鮮ではほぼまったくといっていいほど漢字は使わないそうです。韓国では、全く使わないわけではないですが、教育課程に漢字の教育がしっかり組み込まれていなかったために、大学生でも漢字をあまり得意としない人も多いと聞きます。

 さて、現代、韓国でも中国や日本、台湾、香港との交流を深めるにつれ、漢字を知らないと実用的に不便な事態も多くなっているようです。困るのは、日本は日本の漢字、中国は簡体字、香港や台湾は繁体字と、それぞれ使う漢字も異なり、字体も異なる点でしょう。もともと韓国は、香港や台湾と同様に繁体字を使っています。おそらく中国語を学ぶ韓国人は、簡体字を繁体字に対応付けして学ぶか、別の外国語のようにして、学ぶ人も多いと思います。

 

 私は、今回iPhone用の韓国語キーボードアプリを作るにあたって、ハングルだけにするか韓漢字も含めるか迷いました。2002年のワールドカップに向け、Windows用のハングル入力ソフトを作った時は、まだ漢字はおまけのような存在でした。ですので、韓漢字は、始めのバージョンには入っておらず、数年後に入れました。

 今回、韓漢字についてネットで調べていると、2018年から韓国の小学校でも韓漢字教育を始めるという記事を見つけました。記事を読むと、どうも、中国との貿易や交流が深まるにつれ、漢字の知識が今後大切になるという、政治判断のように見えました。ただ、そこで疑問に思うのは、中国の簡体字を学校で教えるの?という問題です。

 韓国人は、自国の伝統を大事にする国民性があるので、21世紀になったからといって、自国の漢字を横において、簡体字を学校で教えるとはあまり思えません。とにかく、漢字への取っ掛かりを学校で教えるには、昔からある韓漢字、すなわち繁体字をベースに教育が始まると思います。

 我々からすると、あの字画の多い繁体字を小学校で教えられるのは、少々教える方も教わる方も大変そうに見えますが、おそらく5000語近い基本となる韓漢字をいくつかのレベルに分け、各学年で1000字弱程度教えてゆくのではないかと思います。

 振り返って我々、日本人はどうかというと、漢字=常用漢字のように思いがちです。多少漢字の奥深さに触れたことのある人でも、戦前に使っていた漢字、例えば医者の「医」が、「醫」、鉄道の「鉄」が「鐵」、程度で、日常使わない漢字はその存在すら、疑いそうです。私もそうです。その日常使わない漢字が、韓漢字には使われます。

 例えば、韓流スターの中堅どころでもう、国民俳優(クンミン・ペウ)と言ってもいい、「ソン・ガンホ」さんがいます。シュリ、JSA、大統領の理髪師、観相師、殺人の追憶など有名作品に出ていますが、彼のハングル表記は「송강호」ですが、韓漢字で書くと「宋康昊」。宋と康は分かるけど、上が日で下が天、こんな漢字見たことない。ハングルはカタカナでどんな音でも簡単に書けるけど、漢字で書くと難しい、そんな俳優さんが結構多いです。

 私達が韓流スターのことをネットで調べようとするとき、まずはカタカナで相手の名前を入力し、検索しますね。でも、何か誰か日本人がまとめた2次情報を面白くない、最近の情報でない、という不満を持つ方も多いと思います。

 そんな場合は、そのスターさんのハングル表記をどこかのサイトで見つけ出し、検索をかけると、おやっ最近の情報が結構出てきます。全文ハングルの記事は読むのが大変でも、画像に絞っただけでも、結構楽しめます。

 ところが、そのスターさんの韓漢字表記を調べて、検索してみてください。台湾や香港、中国の韓流好きの人々が作ったサイトを多く見つけることができます。彼らは多くの場合、熱い人が多いので、日本人でも知らない情報、韓国のサイトにもないような情報がまとめてあったりして、とても役に立ちます。その上、私達は漢字を知っているので、香港や台湾の人達が作ったサイトは、繁体字ですが、私達の使っている漢字と同じ字も多く、飛ばし読みができ、興味のある部分へのアクセスはハングル文の記事より早くできます。

 ちょっと例をあげましょう。今、札幌では2年前くらいに作られた「火の女神 ジョンイ」という陶器作りをする女性を主人公にした韓流の歴史物のドラマを放映しています。そこに出てくる女優さんは、ムン・グニョン(문근영)さん。顔が童顔で中学生かと思うくらいなのですが、表情も演技もその時代にマッチして、とても魅力的です。

 このムン・グニョンさん、iPhoneではハングルで検索すると、韓国での女優さんの記事が出てきます。その中から、韓漢字で書くと、「文瑾瑩」という事がわかります。苗字の「文」は分かるけど、その後ろの名前の2つの漢字は難しすぎで分かりませんね。ご両親はどのような意味を込めてこの漢字を付けたのか。(本名も同じそうですので)どうもこの漢字だけでは、中国圏の人にも読みが分からないという理由なのか、同じ読みの漢字で「文根英」と書いてある記事もあります。

 韓流好きなら、自分のiPhoneでこの難しい韓漢字を入力し、検索したい欲望に駆られますよね。私は男性なので、女性の俳優さんを例にあげましたが、女性の方はきっと韓流の男優さんの名前を韓漢字で入力したくなりませんか?

 私の知る限り、iPhoneの標準韓国語キーボードでは韓漢字は入力できないですね。Macからなら入力できますが、iPhoneやiPadでは専用のアプリを使わないと韓漢字は入力できないのではないでしょうか?

 今回私の作った「ハングリン - 韓国語キーボード」は、簡単に韓漢字も入力できるのです。WindowsやMacで入力できる4,888字の韓漢字を入力できます。(下図のムン・グニョンさんのニョンは、真ん中の右から2個めの漢字です)




Img_0253_2


別に、ハングルで検索すれば、充分だと思われるかもしれません。ですが、一度コピペでもいいですから、お好きなスターの韓漢字を検索窓に入れて検索してみてください。おもしろい情報も得られますよ。例えば、ムン・グニョンさんの動画を集めた、それも今私が周回遅れで見ているドラマの動画など見つけられたりして、面白いです。ムン・グニョンさんが私服で、ろくろを回している動画もありますね。

Img_0255


そんなわけで、韓国はこれから韓漢字の見直しの時代に入ると思いますが、我々日本人も常用漢字にとらわれるだけでなく、アジアで使われる漢字に知識の幅を広げるのも面白いかなと思い、提案させて頂きました。

 

| | コメント (0)

2015年6月21日 (日)

お陰様でApple審査通りました。ありがとうございます。

6月19日の朝、Mac BookproからApple専用のメールアドレスを見たところ、作った韓国語キーボードアプリの審査が通り、販売の準備に入ったとメールがありました。長い道のりでしたが、2015年6月22日が、日韓国交正常化50周年ということで、そこまでには何とかお披露目したいという目標が叶いました。

翌朝でしたか、自分のiPadのApp Storeから検索をかけると「ハングリン - 韓国語キーボード」で、Appが公開されているのが確認できました。Appleは審査や手続きは、日本のVectorに比べてとてもたくさんあり、それもほとんどが英語なので大変ですが、手続きも審査も言われた内容を行えば、迅速に事を運んでくれます。審査合格の翌日、販売されるなどびっくりです。

今日6月21日に、ためにしと思い、Googleで「Hanglin - KoreanKeyboard」と打ち込むと、アメリカのサイトで、新しいAppの情報を提供しているサイトで、自作のアプリが紹介されているページがあるのを見つけました。

韓国語のインターフェースや紹介文も作ったので、ハングルで「한글인 - 한국어 키보드」で検索をかけると、こちらの紹介ページはありません。日本語のものもまだですね。やはり、アメリカはiPhoneの本場、やることが速いですね。

これからは、どの程度ダウンロードされるのか、ユーザーの評判はどのようなものか、メディアで取り上げてもらえないか、など作ったアプリを陽の目にあたるような、活動を適度に行っていきたいと思います。

さて、我が家のバラも満開です。3本紹介します。

1.ホワイトクリスマス: 大輪のハイブリッドティーです。今年は雨が開花時期に降らなかったので綺麗な花をいくつも咲かせました。

Whitechristmas621

色が少々黄色みを帯びているのは、明るい光と暗い部分のコントラストで、そう見えるだけで、もう少し白いです。かなりクリーム色の弱いバニラアイスのような白さです。もう少し日差しの弱い中で撮った画像も載せておきますね。





Dscn0889_2


2.ピエールド・ロンサール: つるバラなのですが、地植えではなく、鉢に植えたのであまり、背は伸びません。香りもあまりありません。しかし、咲き始めの白にピンクの花の姿はとても印象的です。

Pierre0621


3.ジュード・ジ・オブスキュア: 我が家の香り番長のイングリッシュローズです。色合いはグラハムトーマスより淡いですが、綺麗です。

Jude0621


バラの花が咲くと、ちょっぴり幸せな気持ちになります。

| | コメント (0)

2015年6月 8日 (月)

Appleの世界に入るための審査(レビュー)という名の峠

今回、約3ヶ月を掛けて開発した韓国語キーボードアプリ「ハングリン for iOS」の審査を5/25に依頼し、6月5日(金)に、第1回の結果が出ました。

結果は、「Reject」、即ち「却下」でした。といっても、ソフトウエア自体に問題があったという指摘ではなく、ソフトウエアの説明をする「メタデータ」に抜けがあるという指摘でした。

もっと具体的に言いますと、あなたの説明の中に「プライバシーポリシー」へのリンクがないというものです。「プライバシーポリシー」即ち、日本語で言うと「個人情報の取り扱いについて」ということになります。

実際は、私のサイトには、最下部に「個人情報の取扱について」というリンクを作り、そこから私どもの個人情報保護に関する考えを述べているページがあったのですが、そのページへのリンクではなくTOPページを、Privacy Policyのリンクとして貼ったので、英語圏の方には分からなかったのだと思います。

もともと、あったとはいえ、内容的には足りないものだったのも事実です。というのも、私の今回作ったソフトは、英語、韓国語、日本語の画面インターフェースに対応し、お客様としても英語圏の韓国語学習者、韓国朝鮮の情報機器にあまり慣れない方々、日本語の韓国語学習者を対象にしたものなので、個人情報保護に関しても英語と韓国語ページも作るべきでした。

また、今回私の作ったアプリは、iOSのVer8.0になって初めて入った「Custom Keyboard」というApp Extentionの枠組みを利用したもので、カスタムキーボードを利用したアプリを作る場合は、必ずプライバシーポリシーが必要という指摘も受けました。たしかに、キーボードの「フルアクセスを許可」スイッチをオンにしてもらうと、開発者は技術的にユーザーがそのキーボードから入力した内容を取得することもできるのです。

私はサーバーを利用して顧客の操作情報から予測を行ったり、何かを学習する仕組みを導入する気持ちは現在のところまったくありません。実際、iOSのキーボードから入力した内容を覚えていて、候補がでるのが便利なの時もありますが、正直、気持ちが悪い面もあります。

候補が出れば確かにキーストロークは減ります。しかし、機械のキーボードではないことです。例えば、あなたが彼女とiPadで一緒に何か文章を作っている時、前の彼女とのやりとりした名前や文面が予測されて候補で出たらどんな気持ちでしょう。

話は少しずれましたが、Appleではキーボードアプリを作った場合で、「フルアクセスを許可」をして貰う場合、必ず審査前に、自分のサイトに「プライバシーポリシー」のページを準備するか、作ったアプリの中に、「プライバシーポリシー」を確認できる手段を要求されます。

ではどのような「プライバシーポリシー」が要求されるか。この金曜日から日曜の間、ネットで調べまくり、日本語と韓国語と英語の資料をレーザープリンターで沢山プリントしました。

そして、自分のサイトの中に3ヶ国語で「プライバシーポリシー」のページを作り、今日のお昼前にAppleの審査に再度かけました。

調べると、この個人情報保護に関するポリシーを明確にするのは、アップルが要請したものではなく、アメリカの法律が要請しているものとのこと。

却下の理由が明確になったので、私自身、あまり落ち込まず、またトライする気持ちを持続できております。

これから、またソフトやメタデータ―(説明文)などに関して、何らかの指摘があるのか、このまま審査通過できるのか、iOSアプリの開発は初めてなもので、良く分かりません。

それでもアップルは、ソフトの多言語化の枠組みをプログラマーに用意してくれ、販売時にも説明文やスナップショットの多言語化の枠組みを用意してくれていて、感謝している気持ちのほうが大きいです。

審査を通して、アップル流儀を学び、これからもiOSアプリを作っていきたい気持ちを持っています。まずは、世界に門戸の開かれているApp Storeで1本公開できることが私の目標です。公開目標の6/12には公開できると嬉しいです。

| | コメント (0)

2015年6月 3日 (水)

お気に入のiPad mini3の使い方

iPhoneアプリとiPadアプリを作るのが目的で買ったiPad mini3ですが、開発だけに使うのはもったいないと思い、いろいろ使っています。

最初は、フリーの麻雀アプリをApp Storeからダウンロードし、1ヶ月くらい楽しみました。Retinaディスプレーがとにかく綺麗で、サイズも手頃で、寝る前にベットの上で半荘2回くらいしました。

その次に、Youtubeで映画を探し見ました。最初は寅さんシリーズです。なんと、第1話が無料で全部見れちゃいます。自宅のインターネット環境はADSLで光ではないのですが、動画が乱れることなく、無線Wifiで見ることができます。以前から寅さんの名場面を集めたCDは持っていて、寝る前に聞いていたのですが、その動画を探しました。皆さん、覚えていますが?寅さんの「メロン騒動」寅さん宛に届いたメロンを、おばちゃんが寅さんの分を忘れて、おばちゃんやさくらさん一家、リりーさん(浅丘ルリ子)などだけで分けてしまう。そこに寅さんが帰って来て一悶着する場面です。これがYoutubeで、ちょうどその分が切り取られてアップされています。昭和の日本の映画、なかなかいいなーと思い、松田優作の蘇る金狼なども見ました。

そのうち、20年以上前にビデオで見た韓国映画がアップされていないか探しました。そうしたら結構、ありました。ちょっとエロチックな「桑の葉」(最初の版)。イ・ミスクさんの演技が楽しい。そうしたら2014年版だったでしょうか、現代版「桑の葉」もつくられているのですね。見てしまいました。興味のある人は探してみてくださいね。

その他、1980年代前後の映画を探すと、「ヨンジャ(英子)の全盛時代」というものを見つけました。出てくる風景は古いですが、演技が現代人も引きつけるような演技に、ひきつけられました 。

ただ、Youtubeで検索して出てくる韓国映画は日本語字幕がないので、多少、韓国語を勉強してからでないとチンプンカンプンかもしれません。でも2,3年勉強すれば、とってもいい韓国語の教材になります。

私は今、2002年に作られた韓国ドラマ「野人時代」を寝る前1時間見るのを楽しみにしています。日帝時代にヤクザから議員になった韓国の実在の人物「金斗漢」(キムドゥハン)の生涯を扱ったものです。時代が日帝時代なので、日本の巡査やヤクザが憎々しげに描かれていますが、昔のことなどであまり気にせず、話の流れを見るようにしてます。韓国のドラマづくりも役者も、ある意味天才的だと思います。ドラマなので史実と違い、誇張や極端なことも多いですが、人を楽しませるエッセンスが散りばめられています。

話は、韓国ドラマの話になりましたが、自宅をWifi環境(無線ネットワーク)にすることで、こんなお宝映像にアクセスできるのは、iPadの優れた用途ですね。ベッドの上で寝転んで、雑誌を見る感覚で映画やドラマが見られてしまう。

最後に一つ宣伝ですが、韓国映画やドラマを見つけるとき、ハングルでの検索が必要なのですが。私は自分で作ったiOS用のキーボードアプリ「ハングリン - 韓国語キーボード」(実機テストにのためにインストールしています)を用いています。とても入力しやすいです。標準の韓国語キーボードよりシンプルで、ボタンサイズも大きくいいですよ。是非、公開できるようになったら使って欲しいです。現在、アップルの審査中です。では、また。

| | コメント (0)

«我が家のバラ咲き一番乗りと、なでしこジャパン